大きくする 標準 小さくする

掲示板:練習日誌

投稿記事一覧

感謝

名前:Atushi日付:2017/08/06 00:52:06

お疲れ様です。西医体に向けての練習もいよいよ残り1回となりました。

西医体が本番ではありますが、月曜日が自分にとっては琉大グランドでできる最後の練習ということで、感慨深いものがあります。

最後ともなると、このグランドでの色々な思い出が浮かんできます。

受験の時に父親と初めてラグビー部の練習を見たこと、入学してから初めて練習に参加したこと、先輩に怒られながらも楽しく練習したこと、同期や後輩、時には先輩を怒ったり褒めたり怒ったりしたこと、怪我をしたこと、全てが良い思い出というわけにはいきませんが、多くのチームメートとこのグランドでラグビーができたことは自分にとって一生の思い出です。

そして大学に7年間いたこともあり、琉大グランドは自分が一番お世話になったホームグランドだと思っています。

月曜日の練習ではそのようなことに思いを馳せながら、琉大グランドでの最後の練習をしっかりと噛み締めたいと思います。


そして今回もう一つ書きたいのは、この掲示板についてです。

自分はこの掲示板を読むのことを本当に楽しみにしています。

それはみんなのチームに対する熱い思いに触れ、自分のラグビー部に対する気持ちを更に高めることができるからです。

幹部や上級生達の熱い文章はもちろんのこと、普段あまりチームに対して発言をしていない先輩や後輩達のチームに対する秘めたる熱い思いの文章を読むと、とても嬉しい気持ちになります。

また、最近では、低学年のうちは練習の感想だけの文章を書いていた後輩が、チームに呼びかけるような文章書いているのを読むと、後輩達の成長に触れることもでき、改めてこの掲示板の魅力を感じています。

2年目に留学してチームから離れていた時は、この掲示板がラグビー部とつながる唯一の手段でした。

この掲示板にも歴史があり、最初の練習日誌に遡ると、周平さんや山路さんの代が幹部だった時から始まり、それぞれの思いや、当時の一年生だった義勝さん達の練習日誌に幹部が返信するという形式でした。

個人的には浪人生の頃からこのホームページにはお邪魔していたのですが、自由掲示板の空子さんの合宿後の文章をみて、「この部活には熱いマネさんがいるんだな」と感じていたことも懐かしいです。

このように、この掲示板には、今は埋もれてしまっているかもしれませんが、かつて琉大グランドで練習をしていた先輩達の想いがたくさん詰まっています。

琉球大学医学部ラグビー部には、先輩達から引き継いできた、多くの伝統があります。今所属している後輩、そしてこれから入部してくる後輩達にも、その時代の流行りやチームカラーを織り交ぜながら、伝統を引き継いでもらえたらと思います。

西医体に向けた思いはタックルの儀式やジャージ授与式で直接話したいと思います。

まずは月曜日、西医体に繋がる、そしてみんなの思い出となる良い練習をしましょう!

ついに最後。

名前:かんたべりー日付:2017/08/05 21:17:36

ついに、7年間のラグビー人生で最後の日誌がまわってきました!

ここ最近の練習で日めくりカレンダーが少なくなっていっても、あまり実感がありませんでした。
なぜなら、7年間毎週3回グランドに行って、泥まみれになって、熱くなってラグビーして、練習後は先輩やバカな後輩達とご飯に行って、バカ騒ぎして、そんな日々が当たり前だったからです。

そんな自分にとって当たり前だった環境も終わろうとしてます。
この日誌を書いていて、なんか実感してきました。
さすがに寂しいです。

けど、みんなにもそれが6年であったり7年であったり、いずれ最後は来るものです!仕方ない!笑

最後で何を書こうか悩んだんですけど、技術的な事は普段の練習で伝えてるので、今回は今、最後の大会を前にして思ってることを書こうと思います。

れんくんも書いてたけど、自分達31期は幸運にも2回の西医体を経験してます(正確には俺は1回だけど)
1年生で優勝し、2回目の1年生では九山優勝、西医体準優勝、2年生では九山3位、西医体3位、勝つことが当たり前、大会は最終日まで残って当たり前だと思っていました。
しかし、その時の中心的な選手達だった先輩方が抜けて、自分達が幹部の年の成績は最悪で、とても苦しかったです。なによりも大好きな先輩達を自分達の幹部の時に笑顔で送り出せなかったことが今でも、本当に悔しくて、その時の卒業ムービーとかを見ると今でも涙がでます。
そしてしょーた達の代になっても勝てない苦しい時期が続きました。
練習してなかったわけではありません、もちろん苦しい練習もたくさんしました。ただ結果はついてきませんでした。

去年ようやく修平達の代で結果が出て自分達の手で掴み取った結果は今までのどんな大会よりも嬉しかったのを覚えています。
そして今何よりも幸せなのは、自分達が明確に連覇という目標を掲げられているということです。
本気で優勝を狙えるチームでプレーできるというのは、本当に楽しいです。
今の下級生にはわからないかもしれないけど、今のチームは近年でもなかなかないほどに成熟しています。
ただそんなチームだからといって勝てるかというと、そうでもないのが不思議なもので、やっぱりラグビーは気持ちの面が大きいんだなと実感します。

自分は去年の西医体の決勝の色紙に「アップ」って書きました。
それは自分が先輩から教わった大切な伝統であり、そしてみんなにも伝えたいことだったからです。
自分の経験上、ファーストプレーでいいタックル、コンタクトができるとその日のパフォーマンスは良い気がします。逆に悪い入りをすると、取り戻そう取り戻そうとして、逆に空回りしてしまいます。
琉大ラグビー部が琉大らしく強くプレーするには、やはり気持ちのこもったファーストプレーが重要になります。
その為には最高のアップをして、その試合1回しかないファーストプレーに備えなくてはいけません。アップは単なるアップではなく、試合の一部なんです。みんなわかってるとは思うけど、西医体で最高のアップをして琉大らしいラグビーをしましょう!
自分が伝えたかったのはもう一度原点に立ち返って、アップからがむしゃらにやろうってことです!
琉大ラグビー部にクールさなんていりません!泥臭くやればいいんです、カッコよくなくても勝てばいいんです!

チャレンジャー精神を忘れず、チャンピオンチームらしく勝ちにこだわって圧倒してやりましょう。
そして、相手がどこだろうとトライを取られなければ負けません。
そしてトライを取れば勝てます。

今のバックスは歴代でも最強だと思います。上の先輩方には申し訳ないですが、胸を張って自分は今のバックスを最強だという事ができます。
自信があります。
バックスでぎゃふんと言わせてやりましょう!


自分は勝った試合のあと、あーだこーだいいながらみんなでダラダラする時間が大好きです。みんなで写真とったりするのが大好きです!
今でも去年の西医体の写真だったり、今年の九山の写真だったり見返して、楽しかったな!って思い出します!
今年の夏もそんな写真たくさん撮りたいです!
その為にもみんなで気持ちを1つに最後の練習頑張りましょう!

遅かれ早かれあと数日で終わります!
最後にみんなと嬉し涙のいい写真撮って引退させてください!笑

ラスト日誌

名前:はぎ日付:2017/08/05 08:12:14

ついにここに書き込むのも最後の時が来ました。


もう最後かと思うとなかなか書き出す気になれなかったのですが(忘れてたなんて言えない…汗)決心ついたんで書きやす!

といっても最後に何を書こうかと色々考えていましたが、考えがまとまらないのでとりあえず前の練習で感じたことについて。







まず怪我してしまって練習に参加できず申し訳ありません。全身にテーピングを巻いてすぐチームに戻ってくるつもりなのでよろしくお願いします。しおんたのんだ。






最近、外から見ていて西医体も近くなってきていることもあり皆ピリピリしていて、自然と強度が高くなったり強い口調で言い合ったりしたりと大会前の独特の緊張感を感じます。
確かに、強度が上がったりして怪我のリスクが上がるのはよくないことですが、神鍋に行く前に出来るだけ問題点を提示して修正していくことはとても大事なので自分としては今の練習の雰囲気はとてもいいことだと思っています。


ただ、気になることが一点。












スタートと控えの意識の差です。
スタートの人たちは自分がどこに入り、何をしたらよいか、どう動くべきか、こいつが交代したら何をすべきかということを理解しています。
逆に、控えの選手、特に下級生はその理解がスタートの人よりも浅く、入って慌てたりしょうもないミスをしてる人が多いです。

これは試合慣れというより、自分が試合でなんの役割をするのか理解してるかしていないかただそれだけの話です。
チームとして与えられた規律や役割、細かいサインを覚えることは当たり前ですし、それを理解もせず守らん奴は試合に出る資格はないです。









それに加えてグラウンドに立ったら”自分が”活躍できるイメージを常に持ってプレーすること、そして自分の強みがなんであるかを知ってることそれが大事だと思っています。


ひたすらチームプレーに徹することはそれはラグビーにおいてとても重要なことですが、正直それは最終的に真に強いチームになるためには少し足らないと思います。
個々の強いスタンドプレーを持った選手がチームプレーをした時、本当の意味でチームワークが成り立ちます。
代表やスーパーラグビーをみたら分かると思いますが、彼らは1人1人が得意なプレーを持っていてここぞと言う場面でその力を遺憾無く発揮しています。

今スタートで出ている人たちはある程度、自分の武器だったり活躍するポイントというのを分かっていると思います。ただ、やっぱりそれに比べると控えの選手の意識が低いと感じるし、それがスタートと控えの差にそのまま直結してしまっている気がします。







偉そうにゴタゴタと書いていますが、自分もこのことに気づくのが遅くなかなかスタートとしてプレー出来なかった経験があります。


今でこそ、シェイプで思い切りよく行けたり、ハーフと上手く合わせて入ったりと得意なプレーが少しずつ増えてきましたが、なかなか自分だけの武器が修得できませんでした。
あまり大会前に言うことではないかもしれませんが、下級生の子達は自分の強みがなんであるかを考えてこれからプレーしていってほしいなと思います。正直、ラグビーは短所をつぶすことよりも自分の長所を磨いていくことの方がずっと大事です。
そういうことを意識して大会前の残りの練習、これからの練習をしてくれたらいいなと思っています。



ということで長々とアラサーになりかけ独身が駄文を失礼しました。やっぱ年をとると話が長くなってしまうんですかね?1年生のときはじめて掲示板に書き込んだ時には悪い意味で6.7行で終わった気がします。









ラスト神鍋
1年前のあの感動をみんなでまた味わいに行きましょう。

地底人を胴上げしてそのままスルーして地面にめり込ませましょう。

またなおりくんが禿げながら泣いてる姿を皆で真似しましょう。

絶対勝ちましょう。

そして最高で最強になろう。

[1]RE:ラスト日誌

名前:海底人日付:2017/08/05 16:23:11

胴上げはとても嬉しいと思いますが、地面にめり込ませるのは、地底人が可哀想です。笑

最後の日誌

名前:レン日付:2017/08/05 07:04:34

お疲れ様です。
最近の僕のルーティンはSimeon Pandaのwork outビデオを観てトレーニングに向かうことです。Bradley Martyn とのLegs dayなんか最高の動画です。是非見てください。Simeon Pandaを知らない人はググるか、インスタで検索しましょう。くそデカイです。


さて、とうとう最後の日誌になってしまいました。最後なんで自分が入学してから今に至るまでのラグビー部での思い出をつらつらと書こうかなと思います。興味無かったら読まんでええよ。笑


ラグビー部の新歓に行くようになったきっかけは、自分の高校の先輩がその時ラグビー部でキャプテンをしていたからでした。そして新歓の楽しさから、みんなと同じような感覚でラグビー部に入りました。最後までサッカー部と迷ったけど。


当時の練習は過酷でした。今のような整備された練習ではなく、とにかくガツガツ激しい練習が多かったように感じます。毎練習で試合前のグリッドをパック無しでやってたし、一年生同士とかでは無く、ガチの上級生と肩を当ててました。フィットネストの強度も高く、本気で練習に行きたくない日々でした。笑それでも、練習外では先輩達とたくさん遊んだし、日々はとても充実していたように思います。そして、その年の西医体で琉大は初優勝しました。一年生ではありましたが、あのチームの一員として優勝という瞬間に立ち会えたことはその後のラグビー人生に少なからず影響を与えたと今でも思います。


それから半年後我々31期に悲劇が起こりました。プレイヤーは全員留年し、合宿中の渡嘉敷島から強制送還されることになりました。僕はラグビー部を続けることができず、九山の優勝、西医体の準優勝を電話で報告してもらうことしかできませんでした。本当に暗黒の一年だったと思います。


次の年は、めちゃくちゃお世話になった先輩方の最後の年だったんですが、九山も西医体も後一歩のところで負けてしまいました。


そして、幹部の年がやってきました。僕はFWリーダーを任されました。最初のミーティングで最上級生の義勝さんに「あんまり考えてないでしょ」と言われたのを今でも覚えています。元キャプテンのその一言で自分がいかに幹部であることの自覚が足りないか思い知らされ、琉大ラグビー部の幹部の責任の重さを知りました。それからの一年は今までで一番ラグビーに対して時間を割きました。練習メニューの組み立てから、ビデオを観て課題を洗い出しチームやユニットに還元するといった日々の繰り返しでした。しかし、九山、西医体も結果は出ませんでした。


その次の年も九山、西医体と結果を出すことができませんでした。


そして、みんな知っての通り去年しゅうへい達が持ち込んだ洗練されたラグビーで西医体を優勝することができ、今年も圧倒して九山を制することができました。


簡単に書くとこんな6年です。文章力が皆無なんでつまらない日誌でしたが最後まで読んでくれたみんなありがとう。こうやって振り返ってみると、大会で結果が出て楽しかった時と同じくらいか、もしくはそれ以上に、結果が出ず辛かった時の思い出が湧いてくるなぁっていう感覚です。


僕が下級生に伝えたいのは、今楽しそうにやってる6年生達みんな幹部の時に結果が出ず、苦しい思いをしたということ。そしてそれを乗り越えて今の俺たちがあるということ。


6年間はとても長いです。絶対にずっと上手く行き続けることなんてない。けど、それを乗り越えてみんな強くなる。この素晴らしい部活に入ったみんな、どんな壁にぶつかっても最後までやり遂げて欲しい。途中でやめちゃうと勿体無いよ。この部活に最後までいて後悔することなんて絶対ない。それが僕が一番自信を持って言えることです。


ラグビー部に入って本当によかった。


今まで関わった全ての先輩方、後輩達そして同期に感謝します。


長い夏にしよう。

[1]RE:最後の日誌

名前:いしかわ日付:2017/08/05 16:21:43

ulisses Jr もやばいですよね笑
れんさんとまたラグビーでできるようにまず初戦絶対勝ちます!!!

同じ目標に向かって

名前:裕太郎日付:2017/07/30 21:12:29

お疲れ様です。
最近追試の連続でつらいです。追試のせいで水納島にも行けなくなりました、石川です。

昨日のオール沖縄戦お疲れ様でした!
前半は互角以上に戦えましたが、後半は交代も多く、相手ボールの時間が長かったですが、特に上級生が最後まで体を張ってプレーしていたのが印象的でした。
西医体に向け残り4回の練習で、修正するべきところ、特にコミュニケーションや規律の部分を修正していきましょう!

キャプテンになって、約10ヶ月の間に2部リーグや基礎練期間、合宿、九山、学生リーグを終え、ついに西医体まであと10日ほどとなりました。
今シーズンは去年の修平さん達幹部が導入したシェイプや、ウォーターを中心としたDFの精度を上げる練習だけでなく、もう一度基礎練を見直し、どの試合でも安定したプレーができるように全員の基礎スキルをあげる練習を行いました。その甲斐もあり、九山、学生リーグを経て、去年以上に個人個人としてもチームとしてもかなり成長しているのが実感できています。
あとはこれを西医体でしっかり出せるかどうかです!

西医体で勝つために大事になってくるのは、接点もありますが、最近ミーティングでもよく話に上がっていますが、やはり1番は規律を守ることです。試合に出る全員が規律を守らないと、1人でも規律を守らない選手がいると、それがチームとして規律を守れていないチームとみなされます。1人が反則を犯したり、DFの規律を守れず勝手なことをしてラインブレイクを許したりすることはチームとして陣地を失うことになります。西医体の25分ハーフという短い試合時間の中で、特にペナルティをしないこと、中でもオフサイドやハイタックル、ハンドなどの防げるペナルティーは全員が徹底して防ぐことが、試合で勝つためには必要です。それを全員が認識して、残りの練習に取り組みましょう!


勝ち負けが全てではない、という言葉がありますが、トーナメントで負ければそこでもう終わりです。
神鍋を去らなければなりません。
そんなの嫌です。

6年生と少しでも長くラグビーができるように、沢山の思い出が作れるように、最高の夏にできるように、また但馬ドームでみんなで嬉し涙をながで喜べるように、優勝して胴上げして、6年生を最高の形で送り出せるように
そのためには結果が求められます。

琉大史上初の西医体連覇に向けて、まずは初戦の奈良医に必ず勝つために、後悔しないように残りの練習1回1回を大切にしていきましょう!!!

琉大ラグビー部

名前:よこたろう日付:2017/07/28 17:56:21

おつかれさまです!
最近完全についてない横田です。

西医体が目の前に迫ってきて最近チームとして少し落ち着きがなくなっているのかなと練習を見ていて感じます。もちろん1年間やってきたことにはおよびませんが今からの少ない時間でも工夫をすればいろいろなところで西医体のパフォーマンスを上げるためのことはできると思うので回数に焦るのではなく一回一回の練習でより頭を使っていきましょう。

明日の試合で1番意識してほしいことは修正することです。九山、学生リーグともに本当に厳しい時間を過ごすことがなかったのからです。明日は簡単な試合にはならないと思うのでグラウンドレベルでミスを修正をする練習をするまたとない機会になると思います。幹部としてグラウンドにいないことは非常に申し訳ないですが幹部や上級生を中心にうまく立て直せることを楽しみにしています!!

明日の試合で自分たちで壊してしまい悪い空気のまま西医体に入っていくのは最悪であり練習試合を組んでもらった意味がなくなってしまうのでしっかり気持ちを作って挑みましょう!

最後に六年生にはどの学年も可愛がってもらっていると思います。六年生に感謝の気持ちをあらわせるのは西医体でしかないと思います。上にも書いてありますが短いようで長い2週間それぞれの方法で大切に過ごしていきましょう。

意識

名前:山田綾太郎日付:2017/07/27 15:04:11

こんにちは。毎朝食べるそうめんにさすがに飽きてきた山田です。

学生リーグのディフェンスで、人数はいるのに内の方のfwの役割が被ってしまい、外で数的不利になってしまうことが問題になりました。ビデオを見てみると遅れてセットしたfwともともとセットしていた人の役割が被ってしまっている所がありました。練習で言われた通り、自分がセットをした後も、役割が変わることがあることを頭に入れておく、自分の役割を声に出し続ける、ということを意識して練習しましょう。最近の練習で意識は大きく改善されていますが、セットの問題が解決されるかはこれからの練習にかかっていると思うので意識して練習して行きましょう。
残りの練習で大事なことは、個人とチームの弱点を理解して、それを克服していくことだと思っています。キャッチやオーバー、ミスへの反応など個人的に突き詰めて行かなければならない所も多いと思うので、自分の番の練習を無駄にしないようにしましょう。特にミスボールへの反応は大事なので、自分も含めてミスボールへの反応が悪い人はいつミスが起こっても反応するぞ!という意識を持って練習しましょう。

フィットネス

名前:かーけー日付:2017/07/24 15:08:35

今回はフィットネスについて書きたいと思います。
先日の練習では、とても暑くバテている人が多かったと思います。確かに暑かったですが、西医体の会場である神鍋も同じくらいかそれ以上に暑いです!せっかく全体の技術が上がっているのに、暑さにやられてフィットネス不足で良いパフォーマンスができないのはとても悔しい思いをすると思います。
西医体まで残り2週間となった今、みなさんは、普段からフィットネスを上げるために練習内外で何か特別にやっていることはありますか?
自分もフィットネスがある方ではないのですが、フィットネスがないなあ、去年に比べて落ちたなあと感じる人は練習内でやるフィットネス以外にも何か工夫をするようにしましょう!ジムやループ道路で走るのも良いですし、練習中でも集合の時にダッシュして常に体を動かそうとするなど出来ることはいろいろあると思います。その中でも自分が一番推したいのが、ラグビー部代々伝わる、坂ダッシュです!
やったことのない一年生もいるとおもうので説明すると、坂ダッシュは体育館の横にある坂をダッシュで登って、降りて、ダッシュで登って、降りて、、を繰り返すオールドスクールラガーマン的な練習です。ラグビーでは、短い時間で全力を出すことを繰り返すことができるフィットネスが必要です。それなので坂ダッシュで短い距離?(あの坂が短いのか長いのかはわからないですが笑)を全力で走れば、そういったフィットネスをつけることができます!!!滅茶苦茶キツイですが、絶対に強くなれます!!
下半身に不安のない人は是非一緒に練習後、坂ダッシュしましょう!ランシュー持参でお願いします!たくさんの参加待ってます!

西医体まであと2週間、全員で突っ走っていきましょう!

西医体までにできること

名前:きせまさ日付:2017/07/22 04:32:06

幹部としては最後の日誌投稿になります。きせです。
自分がラグビー部に入るきっかけを作ってくださり、1番お世話になっている6年生の先輩方とあと少ししか一緒にプレーできないのが寂しすぎます。

タイトルに書いたことは全部挙げれば多くなるので、ここではプレーに対する気持ちの面について書こうと思います。
けっこう前の練習であつしさんが言っていた「今の自分のプレーが、西医体の決勝で出せるプレーなのかを考えろ」という言葉が頭に残っているのですが、特に直近の練習では、その意識を持ってプレーしていた人は少ないと思います。自分を含めフォワードは、フィットネスでバテてそれどころではないという感じがしました。
切り取った練習では、自分の番とそうでないときがはっきり分かれているので集中するのは簡単ですが、ADや試合中(特にディフェンス)では笛が鳴るまでは常に自分の番であり、ゆっくりと他人のプレーを見ている時間は1秒もありません。

ここから西医体が終わるまでの間、1つの1つのプレーが「決勝で出せるプレー」であるように、特に自分の番は集中しましょう。

抽象的な事しか書いてませんが、具体的なことはキャプテンをはじめ上級生が示してくれていることなので個人個人でわかるはずです。わからない場合は聞いてください!

以上です‼︎

「プレー」使いすぎました笑

練習日誌

名前:まちだ日付:2017/07/21 23:59:46

お疲れ様です。この前鼻の手術をしてきました。せめて、鼻だけでもイケメンにしてくださいとお願いすればよかったです。皆さんも怪我には注意してください。

ついに西医体までの練習が残り一桁になりました。今このメンバーで試合しているのがとても楽しいです。去年からやってきたことが頭で理解できている人がたくさん増え、イメージを共有してそれを表現できるようになってきて、レベル上がってきてるな、ラグビーやってるな、と感じてとても充実した気持ちでいます。それもこれも31期の方が留年してくださったからだと思っています。笑 ありがとうございます!

ですが、試合と比べて練習はまだまだ改善できる部分があると思います。今は試合が遠く基礎力を高める冬の時期ではなく、大切な試合が間近に迫った大切な時期です。(練習を時期で大切かどうかを分けるのは良くないとは思いますが)今の時期にどれだけみんなで同じ目線で練習できるかで試合の仕上がりが変わってきます。『規律のないエリート集団は規律のあるただの人間集団に負ける』という言葉があります。ペナルティーの規律の部分もそうですが、ウォーターやシェイプの決まりごとの約束を守れるかどうか、決めたサインをやりきれるかどうか。そこの部分を詰めて行く時期だと思います。チームの個人力が上がっている今もっと規律の部分を意識しましょう!(日誌遅れてすみません。)

最後に、今のチームは下級生が育ってきています。が、まだまだ6年生が中心のチームです。来年6年生が抜けた後は、やってみないとわかりませんが今年とは違うチームになるでしょう。しかし、そこでチームが変わってもチームのいい文化をなくすのはとてももったいないことです。6年生の代、そして5年生の代はそれを1、2年生にきちんと伝えてチームを去ることがこれからもっとやるべきことだと思います。それは残り少ないですが練習中や西医体中で。言葉で伝えるだけでなく態度や姿勢で示せる部分だと思います。1、2年生は数が多く次の中心の代になると思います。今はわからないと思いますが、6年生の姿を覚えておいてください。それが今は大事なことです。残り少ない6年生との時間大切に過ごしましょう。

今年は去年とほぼメンバーは変わってないですが、個人力、チーム力は確実に上がっています。残り少ないですが、自分の足りていないこと、チームとして足りないものを埋めていけば最強で最高のチームになると思います。最後にいい思い出を作りましょう。がんばろうはい!